有名配信者にビットコインやイーサリアムで「投げ銭」が可能に。ゲーム実況配信サービス「Twitch」と連携

Streamlabs

6日、配信・録画ツールを提供する「Streamlabs(ストリームラボ)」は、ユーザーが保有する仮想通貨を配信者に寄付できる機能を、ストリーミングツール「Streamlabs OBS」に追加すると発表した。

「Streamlabs OBS」は、ゲーム実況配信サービス「Twitch」と互換性を持っている。これを利用することで、Twitchで配信しているユーザーに対し、ビットコインやイーサリアムによる「投げ銭」をすることが可能だ。

現時点で対応している仮想通貨は、「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「ライトコイン(LTC)」の4種類。

Streamlabsは、米国最大手の取引所「coinbase(コインベース)」と連携しており、投げ銭サービスの利用には配信者がcoinbaseのアカウントに登録し、アカウントをリンクさせる必要がある。

ちなみに、投げ銭を行ったり、受け取ったりするのに手数料は無料。ただし、coinbaseで直接注文する場合は手数料が発生してしまう。

「投げ銭」文化と仮想通貨

2011年に「Justin.tv」として開始したTwitchは、アクティブユーザーが1200万人を超える世界有数の巨大配信プラットフォーム。

Twitchをはじめ、Youtubeなどの実況配信では、配信者のファンによる「投げ銭」文化が浸透しており、ユーザーにも親しまれている。

実際、Streamlabsの公式サイト上では、2018年1月~4月までの間に、合計3400万ドルが投げ銭によって支払われたと明かされている。

Streamlabsには、ゲーム配信機能のみならず、投げ銭したユーザー名を配信画面に表示する機能などがあることも特徴的だ。

モナーコインのように、もともとが「投げ合って遊ぶ」用途で使われていた通貨はともかく、ビットコインのように決済用通貨が、巨大配信プラットフォーム上で「投げ銭」できるようになった例は世界初。

仮想通貨による投げ銭は、新しい通貨の使い道として歓迎すべきものだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です